11月のメッセージ~小さな変化の積み重ねが大きな形となって現れる~

11月、いよいよ秋も深まり朝晩は寒くなってきました。

10月22日には即位の礼が執り行われ、令和に入ってからの波もまた一つ次へと流れが進んでいるようです。
10月に引き続き、「自分がやろうと決めたこと」、「新たな自分のスタンス」、「在りたい自分」というものを一つ一つ丁寧に、淡々と向かうことがとても大切です。
ちょっとしたつまづきや失敗による感情の起伏に大きく左右されず、すぐあきらめてしまわないこと、やり続けることが大事です。

この1か月、なかなか思うように進まないと感じている人も多いかと思いますが、少しづつ少しづつ、自分の内の変化は着実に進んでいると思います。その少しづつの変化の積み重ねが、来年に形となって現れる時、大きな変化となって現れるのです。
小さな自分の中の変化を認識し、それをどう捉えられるか、その気づきをどう糧としていくのかは大切なところです。
あなたの中の小さな変化を積み重ねていくことによって、目に見える形となって現れたときの変化の大きさが変わってくると思います。その変化を見逃さず意識的に捉えていけるといいですね。

そして、あまり変わり映えのしない毎日、目に見えて進まない状況に、気持ちが萎えたり、あきてくると、大雑把になり雑な扱いになってしまったり、繊細さに欠けてきてしまうものです。
やることに慣れてきて、「まっ、いいか」とか、「やってるからいいや」というように、本当はもうちょっと手をかけた方がいいという思いや、「あっ、あれやっとくといいかな」というふとした思いが湧いたにもかかわらず、「面倒くさい」「時間がない」とかその他の言い訳を理由にし、そのインスピレーションはスルーして、やり過ごしてしまうこともあると思います。

物事への向かい方が雑になったり、早く進めたいがゆえに気が焦り、繊細さに欠けてくると、肝心な「ふとした思い」も無視してしまいます。そのちょっとした事が後で「やっておけばよかった」とか「余計に面倒くさいことになった」「しまった」という結果を招いてしまいます。
コミュニケーションの行き違いや思い込みも発生しやすいので、心がけてコミュニケーションをとることが必要だと思います。
そのちょっとした油断に足元をすくわれることのないように、日々の向かい方を焦らず丁寧にしていきましょう。

日々のサイクルはあっという間に過ぎていきますので、「丁寧に」というのは、ゆっくりやるということではありませんが、無駄な時間を省いて、一つ一つのことに集中して向かうことで、気配りと雑にならない丁寧さが伴ってくると思います。

当初の自分の目的を意識し、自分のパフォーマンスを徐々に上げて行けるようにしたいものです。

そして、日々、目的意識を持って「淡々とやる」の中に、自分の楽しめることを見つけて取り入れていきましょう。
価値観の合う仲間とのつながりや一緒に楽しむ時間が、あなたにとって何が喜びなのかや新たな気づきをもたらしてくれます。

あなたの本心で思うこと、あなたの内の真実は誰にも否定されるものではありません。本来の自分、魂の自分を信じてやってみることです。あまり重々しく考えず、何でもやってみることで感じること、見えてくるものがあるはずです。

今までの教育のような「みんな同じがいい」「敷かれたレールの上を歩けばいい」という時代ではありません。それぞれの人の思いにそれぞれの価値があります。あなたの代わりはどこにもいません。
あなた自身が自分の思い、パフォーマンスを発揮していかなくてはいけませんし、あなた自身の可能性はあなたが意識しているよりも壮大なものです。

自分の本質に気づき、それを形として表現し創造していく、現実にしていく時代なのです。

あなたが今、ここにいることを大切に、心を開いてあなたの思いを話し、自分の扉を一つづつ開けていこうとする意志を強く持ってください。その行動を後押しする波が来ています。

関連記事

  1. 7月のメッセージ 「今」に生きるということ

  2. 変化することは成長、進化すること

  3. 今のすべてを受けとめる感謝とイメージング

  4. 9月のポイントメッセージ

  5. 今のすべてのタイミングがベストである!

  6. 土台の型取りから創造へ

  7. 新たな創造の始まり

  8. 常に今が最善のスタンスでも甘い

最近の記事 おすすめ記事

月別アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

杉本貴子の公式LINE(ID: @084tyden)

友だち追加

杉本貴子の公式Youtubeチャンネル