8月のメッセージPart1~自分の立ち位置を定め新しい波に乗るために~

8月に入り、長雨から晴れ間が広がり始めました。
7月25日あたりには少し地震の予兆を感じていましたが、エネルギーがうまく流されて、30日の警報で転換したのかな⁇ と思ったりしています。
それでもさまざまな浄化は進んでいますし、もう私は秋の気配を感じているのですが・・・。

それとは別に、3日くらいからまた地球の波動の変化を感じました。それは私の中での変化となって感じています。
今までよりもさらに軽く、楽しく、制限がなくなった自由であるという感覚。その波の中で、意識を高く、自分の使命を行う。人のため、みんなのためになることを想い心して向かう。
そんな波動にとてもワクワク感を感じています。

言葉にしてしまえば、そんなこと今までもあったことだし、皆さんわかっていることです。
しかし、思考ばかりで考えて言葉を認識してみても、それは実感として自分のものではなく、自分の内がそのエネルギーが湧いてきていないので、行動にすることができないということになっていると思います。

しかし、今、この地球の波動の変化に伴い、その増幅している波は多くの人々に影響を及ぼしています。
自分が遮断しなければ、その波を感じとることができますし、その波に沿って現実に生かすことができます。

ただ、同じ波が来ていたとしても、自分がどう感じるのか、その波が自分にとってどんな影響を及ぼすのかは今の自分の波動状態、向けている意識によって変わってくるものでもあります。
自分の今の立ち位置、意識のレベル、どの波動域にいるのか。を自分で認識できると、その状態に合った波への向かい方や過ごし方、活かし方が見えてきます。

日頃から自分が何に意識を向けて、何を思考しているのか、どんな発言をしているのかが自分の今の波動なわけです。

洗脳されているテレビの情報に振り回され、不安や恐怖、他人との競争、愚痴、妬み・・・在るものには目を向けず、足りない足りないという思考に陥り、自分には何もないと思い込んでいる・・・だからますます「ない」になり、よけいに何も受け取ることができない。それらのエネルギーの中で常にとどまっている自分の意識では、感謝や愛のエネルギーも湧いてこないし、自分の周りにすでに在るエネルギーに共鳴することができず、何も感じられないということになってしまいます。

愛や感謝というと、そんな理想を言ってもとか、そんなことで現実は変わらないし、自分の現実とは違うことと捉える人も多く、そう考えることが現実的だと思っている人が多いと思うのですが、実際は違うと思います。
狭い思考に囚われて、大きな実体、真実が見えなくなっていて、創りたくない現実を自分で創り、真実とはかけ離れたところで生きているのが本当のところではないかと思います。

例えば、私たちは、食物を食べて生きていますが、その栄養だけで生きるいるわけではありません。
口から入る栄養だけで生きていくことはできないのです。太陽やこの宇宙のエネルギー、生命を支えるエネルギーを無意識で取り入れながら生きています。それを遮断されれば生きて行くことはできないはずです。現に、食物を食べなくても生命エネルギーを取り込むことができる人は食べなくても生きていますし、本来、体は地球の元素で作られていますが、その自然の物質とは違う化学物質や添加物などを多く取り入れてしまえば、体に毒素として蓄積され、結果として病気になったり、その毒素を排出しようとしてアレルギーなどのさまざまな症状として現れてきます。体は自分の体を健康に維持しようと一生懸命がんばっているのです。薬はよけいに毒を体に入れるだけで根本的に治ることはありません。それでも一般的に医者が薬を投与するのは、商売として利益を得るためです。こちらは、宇宙のシステムと違い、人間社会が創ったシステムなわけですが、本来、命を守る役割の医者が、病気を増やしているという構造になってしまっています。それは私たちが本来の人間のしくみや宇宙のシステムという真実を知らないからです。シンプルな真実がわかっていれば、わざわざ病気を助長させるようなことはしないはずです。

アインシュタインは「疑いもせずに、権力を重んじることは真実をもっとも遠ざける」と言っていたようですが、正にその通りです。

食や薬の事は、ほんの世の中の一部のことでしかありませんが、このような思い込みをさせるようなしくみや真実でないことが現実として驚くほど山のようにあるのです。
権力や地位のある者、大きな組織が言うことは正しいとか、今までがそうだったからというだけで、何も考えず受けれてしまっていたり、今までと違うことは拒絶するといったように、物事を観る視点が、狭い枠の中で創られた世界にだけ向けられていると、その狭い世界がすべてで、自分で考えることをせず、この宇宙を動かしている本当の摂理や真実、動きが見えないままになってしまいます。

その摂理やしくみと連動している人間が生きるための智慧や力、創造していく力は、本来一番必要なことであり、これからはもっと必要になってきます。

その大きな摂理、システムの中で目に見えないあたり前を意識することなく生きているわけですが、これが本当の真実ですし、現実というものです。宇宙や地球の大きな愛、調和というエネルギー、緻密なシステム、それを活用することで、私たち人間の生活は成り立ち、現実を創造できています。それをどのように活用し現実を創造するかは、人間の意識レベル、私たちが何を創造したいのかに関わってきます。

今まで、その大きな偉大なシステムの中で、人間は小さな狭い枠組みや一部の人のために都合の良いシステム創り、自由な創造をしてきたわけですが、その愛と調和のエネルギーとはかけ離れたところでの創造は、私たち社会の中で、歪となり、現象となって現れています。これは社会全体であれ、個人であれ同じことなのです。

今、この大きな変化の流れの中で、今まであった狭い枠は壊れることによって外れ、自由になろうとしています。そのレールや枠組みがなくなることで、本来の大きな摂理、宇宙のシステムが大きく強く作用してきています。私たちは、本来、その大きな枠、システムに則って生きることで、自分らしく創造的に、豊かに生きることができるしくみになっています。

しかし、今まで強いられてきたレールや枠組みの中でしか生きることを知らなかった人たちやそこに居ることが一番良いと思ってきた人々にとっては、その枠の外から観たら窮屈で一方的に強いられたレールと枠組みであっても、それがなくなることへの不安や恐れ、どうしていいのかわからなくなるということが起きてくるのです。これが混乱や恐怖の波となり広がっていきます。

枠が外れ、自由になるということはとても楽しそうな反面、自分で考えて自分の責任において行動しなくてはいけません。自分で現実を創造していく力が必要となってくるのです。
自分の意志、目的、目指すところ、自分自身というものをしっかりと持ち、行く先を想像し、それに向かって行動していける自分であることです。

あなたは今、どの地点に立っているのでしょうか。

狭い枠組みとは別の意識下で自由に発想し、自分の力で、宇宙のシステムと連動しながら次への新しい創造へと向かおうとしているのでしょうか?
それとも、狭い枠組みから出たいけれど、世の中の情報や周りの波動に戸惑い、恐れ、立ちすくんでいるのでしょうか?
もしくは、方向性は決めたけれど、具体的な動きが見つからず、日々気持ちが揺らいだり、試行錯誤してるのでしょうか?

それぞれ自分の状態によって、今向かうことの順番や留意することも違ってくるとは思いますが、まずは自分の意識状態と立ち位置を把握し、周りに流されるのではなく、人まかせにするのではなく、自分の思い、自分で考え、自分としての意見を書き出してみましょう。

長くなりましたので、それぞれの状態での向かい方については次回のブログで書くことにします。

関連記事

  1. エネルギーの変化に伴い意識も変化させる

  2. 自分の信念・概念を見つめ直し、自分で選択する

  3. 自分の在り方を再認識し動揺しない自分を

  4. 12月のメッセージPartⅡ~思いやりの表現と自分の喜び、楽しめること…

  5. 本来のあるべき姿となり本気を出す

  6. 7月のメッセージ 「今」に生きるということ

  7. 4月のメッセージ

  8. シフトアップに伴うギャップによる混乱

最近の記事 おすすめ記事

月別アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

杉本貴子の公式LINE(ID: @084tyden)

友だち追加

杉本貴子の公式Youtubeチャンネル