「書く」ことで自分に向き合う

梅雨らしいお天気が続いています。
20日は満月でした。あいにく雨模様でしたが満月になる時刻20時くらいには少しだけ雲にかかってにじんだ感じのお月様が私の部屋から見えました。
そこにあることはわかっていても、やはり視覚で見えるとうれしいですね。

さて、6月も半ばを過ぎましたが6月のメッセージや前回のメルマガなどを受けてご自身に向き合われたでしょうか?

何人かの方から「今まで抱えていた自分の問題が解けた。」とか「メッセージが参考になった」というメールをいただきとてもうれしく思っています。
一つの物の観方として参考にしていただけたらと思います。

今後メルマガで書いていくことは、私が感覚で得てきたこと、感じたことを体験として積み重ねてきたことをもとに、確かにそこには宇宙のしくみやエネルギーが形になるというシステムが存在していると実感し確信している私の中での真実です。
そして、宇宙の動きを感覚として感じていることや私を通じて皆さんに伝えられるべきメッセージです。

今までの概念の枠を超えたこと、人間のしくみや宇宙のしくみを証明できないものもたくさんあると思いますが、私の実体験の中から学び、意識が理解したことであり、そのしくみを信頼し活用してみると、確実にそのしくみは存在すると実感しています。

この宇宙の中で、人間が認識していることなどほんのごくごくわずかに過ぎません。
たとえ聴かされたとしても、今の人間の頭では理解できないことの方が多いでしょう。
それでもこの世界に宇宙のシステムが存在し、それによって私たち人間も成り立っていることには間違いありません。

宗教や占いなどの狭い枠ではなく、もっと大きな生命という存在、地球や星たち、植物、それぞれのエネルギーの動きの中で、大きな視点から見た人間、人間のしくみ、自分というものを意識が少しでも理解をすることで、より自分を生きやすくなると思いますし、魂がワクワクする体験、もっともっと幸せを実感でき、さらに引き寄せ、
人生を謳歌できると私は確信しています。

このメルマガを読まれているということは少なくとも魂の選択、同意により、私が伝えていく話を意識が聴く準備体制ができているということです。それにより魂が加速したいと願っているはずです。

「きっとそうかもしれない」というところからスタートしてみて、実践してみるとさまざまなことに気がついていくことと思います。
それはあなたの中にすでにあるものであり情報であり、エネルギーです。

あなたの内なる自分、魂の意向をできるだけ受け止めてあげてください。
そんなものないと思えば認識することはないでしょう。あなたがそう決めているから。
自分が決めた枠以上のことを超えて感知し認識する可能性は非常に低くなり、時間がかかることになります。

今年は、これから年末までの間、今までの概念を覆すようなこと、今まで常識だと思い込んでいたことが違うかもしれないと思うようなことがいろいろと起きてくると思います。
宇宙の真理は不変ですが、人間の作った常識はその時の都合に応じて変わります。

近年、想定外という言葉がよく出てきました。自分が想定外と思っていただけで宇宙から見ればあたり前だったことかもしれません。
人間の狭い枠の中、自分の狭い知識と思考の枠の中だけで物事を見ていれば、それ以外の聞いたことのないこと、見たことのないことは、すべてあたり前ではないこと、未知で怖いものになってしまうものです。
常にそこに存在していたとしても感じようとしなければないものになります。
目に見えなくとも存在しているエネルギーはあなたの周りにたくさんあります。
むしろそのエネルギーによって私たちは支えられ存在できているのですが・・・。

あなたは静かに自分と向き合う時間をとっていますか?
これは自分を生きるうえでとても重要なことです。いくら魂の意向、魂との対話をしたいと思っていても、一人の時間がとれなかったり思考ばかりして、何となく考えているだけになっていては、なかなかコミュニケーションがとれませんし、自分のバランスが偏ったままになってストレスばかりになってしまいます。

そこで「書く」ということをやってみてください。すでに習慣化している方は、その意味がわかるのではないかと思います。

1冊、自分のお気に入りのノートを用意して毎日じゃなくてもいいので、一人で静かな部屋で思うことを書いてみてください。

余計な音のないところに身をおいてください。
心がモヤモヤしていること、スッキリしないことを書いていくのです。
最初は愚痴みたいになるかもしれませんがそれがやがて自分の魂との対話になっていくのです。
じっと座って頭で思考している時には湧いてこなかった思いが、フッと出てきたりします。その書いたものを見て「ああそうだ」と腑に落ちたり「以外にいいこと書いたな」と軽くなったりします。

ただじっとして自分と向き合おうとすると余計な思考ばかりになってしまいます。
顕在意識やすでに進行している思考に基づいて行われる思考は、すべてあなたの経験による概念をもとにして計算されるものです。脳、思考は入力されているデータをもとに計算をするところです。

この思考の計算式に過去はあってもあなたの未来はありません。
ただ考えようとしていると、ついついこの計算の思考になってしまって、内なる自分、魂と向き合うということは難しいのです。

「書く」ということをする方が圧倒的に対話しやすいはずです。気持ちが落ち着かないときこそ書いてください。
自分を整えるのにとても有効です。人に見せるものではないので何を書いてもいいのです。自分の思考で制限せず、まとめようとせず書くことです。
「こんなことを思う自分はダメ」とか、「思っちゃいけない」「こんな自分と思われたくない」という感情もすべてあなたの思考の産物ですから、何を書いたとしても、ただ「そう思ってるんだ。」「なんでそう思うのかなぁ」と淡々と書いていけばよいのです。
さまざまなことを思う感情が悪いのではありません。なぜそう思うのか?の元になっている自分の概念を発見することが大切なのです。

私はこの「書く」ということを長年続けています。毎日続けて書くときもあれば、2週間くらい何も書かないときもあります。「~せねばならない。」になると続かないものです。
でも、心が落ち着かないとき、モヤモヤする時は、必ずノートを広げ書くということに向かいます。
必ず何かのヒントや腑に落ちること、気持ちが軽くなり、次へと進むことができます。

モヤモヤは次の扉を開く信号のようなものです。立ち止まり、今、着目すべきこと、観方を変えることに気がつくことで、よりよいステップへと進むことができるのです。
継続して書いてみることで、見えてくるものがあるのです。

今月のポイントである「あなたのワクワク」「ときめき」は明確になりましたか?
是非、書いてみてください。どんな状況や状態にあなたはワクワクを感じるのかを書き出して、どんどん掘り下げていくのです。
自分に問いかけてみてください。
モヤモヤがある人は、何がモヤモヤの原因なのかを掘り下げてみてください。
次の扉を開くヒントがそこにあるはずです。

あなたの思考の枠を大きく超えてください。
自分が作っている思考や概念の枠を取り外して魂を自由に自分自身をはぐくんでください。

大きな波は静かにやってきています。
焦らずセコセコせず、ゆったりと安らげる気持ちを持ってください。
小さな波はチャプチャプと細かく急がしそうですが、大きな波は静かにゆったりしています。
自分の状態を大きな波に合わせるのです。その方が物事が早く進むことになるはずです。
余計なものをそぎ落とし、あなたの向かう方向へと自分を整えましょう。
では、また来週♪

杉本貴子

関連記事

  1. 5月のメッセージ~新しい変化を自分の意志で求め、脳のデータを書き換える…

  2. 浄化とデトックス

  3. ネガティブな感情は次の扉を開くカギとなる

  4. 2017年1月のメッセージ

  5. 3月のメッセージ~理想と現実のバランスをとるための行動~

  6. 12月のメッセージPartⅡ~思いやりの表現と自分の喜び、楽しめること…

  7. 加速する循環のサイクル

  8. 6月のメッセージ~新しい一歩を踏み出す~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.30

    静寂

月別アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

杉本貴子の公式LINE(ID: @084tyden)

友だち追加

杉本貴子の公式Youtubeチャンネル